2006年11月10日

ステューシーの歴史

STUSSY(ステューシー)は、南カリフォルニアで設立したストリート ブランドです。 1980年、ロスのサラグナビーチのサーフボード シェイパーだったShawn Stussy(ショーン・ステューシー)が「自分達の着たいもの」と仲間にTシャツを作ったのがSTUSSY(ステューシー)の始まりです。Shawn Stussy(ショーン・ステューシー)がTシャツに自分の名前を入れたのが人気となり、ラッパーやスケーターにも人気が広がった。その独特の字体は「ショーンフォント」と呼ばれ、ベーシックでありながら一歩先を行くデザインとしてSTUSSY(ステューシー)は人気を集める事になります。
1980年代はサーフ ブランドとしての認識が濃かったSTUSSY(ステューシー)だが、その独創的なデザインから、1990年以降はサーフ ブランドの枠を抜け出し、世界中のストリート シーンへとSTUSSY(ステューシー)の人気は広がる。N.Y. / LONDON / TOKYO / L.A.を軸にあらゆるカルチャーとリンクしており、ブランド同士のコラボレーション形式であるリミティッドエディションや、有名アーティストをフィーチャーしたCUSTOMADEが2001年には誕生し、STUSSY(ステューシー)はコラボレーションアイテムでも常に注目を浴びている。

いまやB系・ストリート系のカリスマ ファッション ブランドとして不動の地位を築いているSTUSSY(ステューシー)。STUSSY(ステューシー)は各界のファッション リーダーからも絶大な支持を得ており、日本ではキング・オブ・ストリートと言われるほど絶大な人気を誇っています。また創始者であるShawn Stussy(ショーン・ステューシー)は、現在ではリタイヤしており、カウアイ島の豪邸でサーフィン三昧の日々を送っているそうです。
posted by stussy at 00:04| ステューシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。