2006年11月10日

ステューシーについて

ロスのサラグナビーチでーフボードシェイパーだったショーン・ステューシーが「自分達の着たいもの」と仲間にTシャツを作ったのが始まり。1980年に南カリフォルニアにて立ち上げたサーフ&アパレルブランド。
ショーン・ステューシーが Tシャツに自分の名前を入れたのが人気になり、ラッパーやスケーターにも人気が広がった。
それは後染めしたヘインズのTシャツだったらしい。

ステューシーは、そのTシャツデザインを始めることから誕生したのである。

ベーシックでありながら一歩先行くデザインはストリートにおいても根強い人気がある。1980年代はサーフブランドとしての認識が濃かったSTUSSYだが、1990年以降その独創的なデザインはサーフブランドの枠を抜け出し世界中のストリートシーンで人気を博し現在に至る。

有名アーティストやプロスケーターとの密接な関係を持ち、コラボレーションアイテムも常に注目を浴びている。NY・LONDON・TOKYO・LAを拠点に、あらゆるユースカルチャーとリンクし、カテゴリーを超えてフィット。季節ごとにキーワードを決めアイテムを展開。男女を問わず、トータルコーディネートを楽しめる。

ベースはサーフィンだが、クラブカルチャーなどの影響を受け、サーフィンファッションのイメージはまったく無し。
非常にユニークなデザインが特徴。ハワイではサーフィン系ファッションの店で取り扱っている。今はストリートクラシックブランドとなり、様々なシーンに対し、常にオリジネーターとしてワールドワイドな展開を続けている。各界のファッションリーダーからも絶大な支持を得ている。クールで斬新なアイテムを発信し続けて、いまやB系・ストリート系のカリスマブランドとして不動の地位を築いている。
LAD MUSICIANなど数多くのブランドがフォトTシャツをリリースしているがフォトTシャツを定着させたのもSTUSSYと言っても過言ではない。昨年25周年を迎えたがその記念アイテムや限定アイテムには高額なプレミアが付くなど、変わらぬ人気を証明してくれた。
posted by stussy at 00:08| ステューシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ステューシーズ スタイル

STUSSYを語る上で外せないのが、ショーン氏によるオリジナルの字体「ショーンフォント」とブロック体によるブランドネーム「ストックロゴ」である。この2つのロゴモチーフが現在のSTUSSYを支えたと言っても過言ではない。

また人物や風景をモノクロフォトであしらった通称「オールドフォト」も大人気である。

その他には「ハイビスカス柄」・「Pop Tom柄」・「IRIE柄」などのオリジナルの柄物も人気が高い。

そしてSTUSSYは他の人気ブランドとのコラボレーションを多数実施している。シューズではNIKEと「ハラチ」・「ダンク HI PLUS」・「ブレザー MID」・「ハラチライト」・「ダンク Low Pro SB」・「コートフォース」、NEW BALANCE&HECTICと「MT580(マッドステューシー)」、CAUSE&ジョージコックスとは「ラバーソールブーツ」、TASとは「サウス迷彩柄BARRY Low&BARRY HI」、NEW BALANCE&MASTERPIECEとは「MT580」、VANSとは「ペイズリー柄SK8-HI」、プロケッズとは「ドル柄スニーカー」がある。

時計ではCASIOと「G-SHOCK」、ルミノックスとは「ダイバーズウォッチ」、「ツアーマスター(オリジナル)」がある。

小物ではローアルパインと「バックパック」・ヘッドポーターと「バックパック」などがある。

衣類では「W)TAPS」・「NEIGHBORHOOD」・「MASTERPIECE」・「BAL」・「NITROW」・「NEXUS7」・「TENDERLOIN」・「G1950」・「CHOKE」・「コンプリートフィネス」・「インビジブルマン」・「SOPH.」などの人気ブランドとのコラボレーションが有名である。

またサングラスの人気が高く、特に「MICHAELモデル」・「valモデル」・「CINDYモデル」・「BRUCEモデル」・「NAOMIモデル」・「BRIANモデル」・「小竹長兵衛モデル」がメジャーモデルである。

またキャップも夏のストリートで大人気であり「×ニューエラ NYストライプキャップ」・「マルチワッペンメッシュキャップ」・「クエストボールキャップ」・「リスペクトキャップ」・「ステュッチ柄ビーニー」・「ラジカセフォトメッシュキャップ」・「サーフマンメッシュキャップ」・「ビザロメッシュキャップ」などがある。
posted by stussy at 00:06| ステューシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ステューシーの歴史

STUSSY(ステューシー)は、南カリフォルニアで設立したストリート ブランドです。 1980年、ロスのサラグナビーチのサーフボード シェイパーだったShawn Stussy(ショーン・ステューシー)が「自分達の着たいもの」と仲間にTシャツを作ったのがSTUSSY(ステューシー)の始まりです。Shawn Stussy(ショーン・ステューシー)がTシャツに自分の名前を入れたのが人気となり、ラッパーやスケーターにも人気が広がった。その独特の字体は「ショーンフォント」と呼ばれ、ベーシックでありながら一歩先を行くデザインとしてSTUSSY(ステューシー)は人気を集める事になります。
1980年代はサーフ ブランドとしての認識が濃かったSTUSSY(ステューシー)だが、その独創的なデザインから、1990年以降はサーフ ブランドの枠を抜け出し、世界中のストリート シーンへとSTUSSY(ステューシー)の人気は広がる。N.Y. / LONDON / TOKYO / L.A.を軸にあらゆるカルチャーとリンクしており、ブランド同士のコラボレーション形式であるリミティッドエディションや、有名アーティストをフィーチャーしたCUSTOMADEが2001年には誕生し、STUSSY(ステューシー)はコラボレーションアイテムでも常に注目を浴びている。

いまやB系・ストリート系のカリスマ ファッション ブランドとして不動の地位を築いているSTUSSY(ステューシー)。STUSSY(ステューシー)は各界のファッション リーダーからも絶大な支持を得ており、日本ではキング・オブ・ストリートと言われるほど絶大な人気を誇っています。また創始者であるShawn Stussy(ショーン・ステューシー)は、現在ではリタイヤしており、カウアイ島の豪邸でサーフィン三昧の日々を送っているそうです。
posted by stussy at 00:04| ステューシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年表で見るスチューシー

stussy 1986年〜
日本に初上陸する。

stussy 1987年〜
そして1987年に今でもファンの間で語り継がれるオールドstussyの超傑作モデル「ISTスタジャン」を発表する。ISTとは「International Stussy Tribe」の略である。

stussy 1988年〜
そして1988年にシャネルの香水「No.4」よりサンプリングした「No.4ロゴTシャツ」を発表する。


stussy 1990年〜
そして1990年にニューヨークにフラッグシップショップをオープン。


stussy 1992年〜
更に1992年に東京・自由が丘に「stussyギア自由が丘店」をオープンする。同年にイベント「STUSSY WORLD TRIBE」を開催する。


stussy 1994年〜
その後1994年に「ロサンゼルスチャプト」・「stussyギア池袋店」をオープン。

stussy 1995年〜
1995年に国内チャプト第1号店である「代官山チャプト」をオープンする。それに続き「横浜チャプト」・「静岡チャプト」・「名古屋チャプト」・「広島チャプト」をオープンさせる。また原宿とんちゃん通りに「原宿チャプト」をオープンする。


stussy 1996年〜
1996年に「大阪梅田チャプト」・「福岡チャプト」をオープン。

stussy 1997年〜
1997年に「新宿チャプト」・「秋田チャプト」をオープン。

stussy 1998年〜
1998年に「NY限定ライン」をスタートする。


stussy 1999年〜
1999年に「ハワイ限定ライン」をスタート。また同年「ロンドンチャプト」をオープン。更に「裏コラボ」なる物をスタートする。この裏コラボにはブランドでは「NEIGHBORHOOD」・「W)TAPS」アーティストでは「スケートシング氏」・「KAWS氏」・「HAZE氏」などがあがる。

stussy 2000年〜
そして2000年にブランド設立20周年を迎え、「港北チャプト」・「吉祥寺チャプト」・「新潟チャプト」・「イクスピアリチャプト」・「松山チャプト」・「長崎チャプト」をスタートさせる。

stussy 2001年〜
そして2001年より伝説的イベント「STUSSY WORLD TRIBE」が復活し、人気アーティストとのフィーチャリングをする「CUSTOMADE(カスタメイドライン)」がスタートする。また「サンフランシスコチャプト」がオープンする。


stussy 2002年〜
2002年より「国内チャプト限定ライン」を本格的にスタートさせ、STUSSYコレクターが集まる。

stussy 2003年〜
そして2003年より「ロサンゼルス限定ライン」をスタート。また「仙台チャプト」をオープンさせる。この年のメインを飾るのはカスタメイドラインよりリリースされた名作「ワールドツアーTシャツ」である。「KOFIE」・「DAZE」・「CHAZ」・「SLICK」・「CRASH」という5人のアーティストがアートワークに参加。このワールドツアーTシャツのリリースを皮切りにカスタメイドラインを一気にリリースすることとなる。現在までに「SUEKWON」・「DELTA」・「PERKS」・「MARE139」・「AXIS」・「LEMI」・「PHIL KNOTT」などのアーティストたちが参加している。

stussy 2004年〜
2004年より日本企画の裏コラボである「レッドレーベルライン」をスタートする。


stussy 2005年〜
そして2005年に記念すべき「ブランド設立25周年」を迎え、数多くの記念モデル・限定モデル・コラボモデルを発表する。その中でも一際目立つのが「DJ AFRIKA BAMBATA」の全面フォトをあしらった「25周年LAイベントTシャツ」である。コラボモデルでは「×MASTERPIECE ショーンフォントTシャツ」・「×リーバイス デニムスカルTシャツ」・「×CASIO 25周年記念G-SHOCK」・「×VANS 25周年記念ペイズリー柄SK-8 HI」・「×LUMINOX 25周年記念ダイバーズウォッチ」、限定モデルでは「カスタムMA−1JKT」・「バーシティースタジャン」・「リバーシブルスカジャン」・「25周年記念カレンダーTシャツ」などがある。


stussy 2006年〜そしてそして2006年現在は「ワールドツアーTシャツ」を再登場させ、ファンを驚かせた。今回は総勢20人以上のアーティストにアートワークを依頼したことでも話題となる。今後もSTUSSYはワールドワイドな展開を更に広げていくであろう。


Boo-Beeとは
Boo-Beeは、ナンバーナイン・a bathing ape・stussy等、
主にストリートブランドの販売・通販を行っている会社です。このsiteは、Boo-Beeの主力商品でもある、stussyの紹介のsiteです。
posted by stussy at 00:01| ステューシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

ステューシー取り扱い店舗

STUSSY CHAPT / ステューシー チャプト
札幌 札幌市中央区南二条西2丁目 今井ビル 1F
011-210-7725 11:00〜20:00

秋田 秋田市千秋久保田町4-2 秋田FORUS 5F
018-836-2868 11:00〜20:00

仙台 仙台市青葉区一番町3-5-23 一番町ビル 1F
022-716-86661 10:00〜20:

新潟 新潟市八千代2-1-2 万代シティービルボードプレイス 4F
025-240-4727 11:00〜20:00

金沢 金沢市片町1-3-15 砂場ビル 1F
076-232-7588 11:00〜20:00

宇都宮 宇都宮市江野町2-15 近江園ビル 1F
028-610-1201 11:00〜20:00

原宿 渋谷区神宮前4-28-2 ハウストンビル 1F/B1F
03-3479-6432 12:00〜20:00

代官山 渋谷区恵比寿西2-4-7 マルゼンビル 1F
03-5458-6799 12:00〜20:00

新宿 新宿区新宿3-17-19
03-3356-1566 11:00〜20:00

池袋 豊島区東池袋1-50-35 P'PARCO 3F
03-5391-8533 11:00〜21:00

吉祥寺 武蔵野市吉祥寺本町1-5-1 吉祥寺PARCO 6F
0422-23-8522 10:00〜20:00

立川 立川市柴崎町3-2-1 GRANDUO 3F
042-540-2213 10:00〜20:00(日〜火)10:00〜21:00(水〜土)

イクスピアリ 浦安市舞浜1番地4 IKSPIARI 294
047-305-5714 11:00〜21:00(月〜金)10:00〜21:00(土・日・祝・ピーク期間)

横浜 横浜市西区南幸2-15-13 横浜ビブレ 5F
045-322-1461 11:00〜21:00

クイーンズ 横浜市西区みなとみらい2-3-9 QUEEN'S SQUARE横浜 [at!]1st 2F 213
045-682-2780 11:00〜20:00

港北 横浜市都筑区中川中央1-31-1 モザイクモール 2F
045-914-2217 10:00〜20:00

静岡 静岡市両替町2-1-9 アンビル 1F
054-254-4074 11:00〜20:00

浜松 浜松市鍛冶町100番地1 ザザシティー浜松中央館 3F
053-456-5725 10:00〜20:00

豊橋 豊橋市駅前大通1-66
0532-53-3727 11:00〜20:00

名古屋栄 名古屋市中区栄3-17-17
052-263-0663 11:00〜21:00

アネックス 名古屋市中区錦3-5-4 ANNEX 1F
052-953-2876 10:00〜20:00

名駅 名古屋市中村区名駅1-2-2 近鉄PASS'E 6F
052-561-7579 10:00〜20:00

京都 京都市中京区新京極通三条下ル桜之町407-1カレッジタウン詩の小路ビル 1F
075-253-1350 11:00〜21:00

京都河原町 京都市中京区河原町四条上ル米屋町385 河原町OPA 7F
075-255-8079 11:00〜21:00

大阪南 大阪市中央区西心斎橋1-6-14 ビックステップ B2F
06-6282-1517 11:00〜20:00

大阪梅田 大阪市北区角田町5-15 HEP FIVE 5F
06-6366-3905 11:00〜21:00

大阪天王寺 大阪市天王寺区悲田院町10-39 天王寺MIO 5F
06-6770-1450 11:00〜21:00

神戸 神戸市中央区下山手通3-3-1 ウェルストンビル 1F
078-327-0773 11:00〜20:00

岡山 岡山市駅元町1番街地下3号
086-234-3344 11:00〜20:00

広島 広島市中区中町1-3 ダイヤ並木ビル 1F
082-240-1216 11:00〜20:00

松山 松山市一番町二丁目三番地 ラフォーレ原宿松山 3F
089-998-3530 11:00〜20:00

福岡 福岡市中央区大名1-2-52 DICE&DICEビル 1F
092-715-6650 11:00〜20:00

博多 福岡市博多区住吉1-2-22 キャナルシティーOPA 1F
092-263-2318 10:00〜21:00

小倉 北九州市小倉北区浅野1-1-1 AMU PLAZA 230
093-512-1268 10:00〜20:00

長崎 長崎市尾上町1-1 長崎AMU PLAZA 3F
095-808-1301 10:00〜21:00

熊本 熊本市上通町7-6 マツモトレコードビル1F
096-312-7790 11:00〜20:00

鹿児島 鹿児島市東千石町17-1 西橋ビル 1F
099-216-3487 11:00〜20:00

沖縄 那覇市松尾2-8-19 那覇OPA 2F
098-860-9926 11:00〜21:00
posted by stussy at 23:58| ステューシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。